小児科・内科|予防接種|乳幼児健診|感染症隔離室・レントゲン・心電図・自動血球計算機・CRP測定器 完備 星田小児クリニック

HOME

診察について

家庭でのケア

子供の病気について

お役立ち情報

 

 

星田小児クリニック 外観

〒134-0083
東京都江戸川区中葛西2-3-10 
TEL:03-3680-2028

発熱時のケア

発熱時のケア(熱がでたら・・・)

 

水分補給

水分補給

熱があると水分が失われやすいので、さ湯、麦茶、果汁、小児用イオン飲料などを十分に与えましょう。

 

食事

母乳やミルクは飲みたければ与え、欲しがらなければ無理に与えなくてもかまいません。そのかわり他の飲み物で水分補給をしてあげて下さい。
食事も欲しがれば消化によいものを与えて下さい。

衣類・布団

熱の上がり始めに震えて寒がるときは、布団をかけて暖かくしてあげ、熱が上がりきり、体が熱くなったら薄着にし、布団もタオルケットくらいにして涼しくしてあげましょう。また、汗をかいたらこまめに着替えを。

衣類・布団

氷枕

氷枕やアイスノンなどは、首、脇の下、足の付け根(内股)などを冷やしてあげましょう。本人が嫌がるなら無理せず、薄着にして体を冷やしてあげましょう。

解熱剤

解熱剤は病気を治す薬ではありません。高熱(38.5℃以上)で機嫌が悪く、水分が取れず、眠れそうにない時は使用し、苦痛を取ってあげましょう。 ※38.5℃以上で6時間以上の間隔で(1日3回まで)

 

 

こんな熱は早めに受診して下さい

・月齢が小さい赤ちゃん(6ヶ月未満、特に3ヶ月未満は早めに!)
・水分が十分に取れず、おしっこの量が少ない時
・顔色が悪く、意識がぼんやりしている時、呼吸が苦しそうな時
・嘔吐や下痢が激しく、ぐったりしている時